メゾソプラノ中森千春~うた日記~

ドイツ音楽と日本抒情歌が大好きな中森千春のつれづれ日記♪

終演:11/4布施美穂×中森千春クラシックデュオコンサート

布施美穂×中森千春クラシックデュオコンサート

f:id:chiharu-rosina:20190829161538j:plain

 

おかげさまで無事終演しました。
ご来場のお客様、また方々でご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。


当日は、未明に降った雨の影響もあり少し肌寒くなるのが心配でしたが、皆さん最後までお楽しみいただけたみたいでよかったです。

布施さんと私と、それぞれ演奏したい曲を持ち寄って曲順を検討して、一部差し換えて、...と試行錯誤しながら、プログラムが正式に決まったのは公演日の5日前?くらい。

ここ最近関わったコンサートでは珍しく?できたてほやほやのプログラムでの開催でした。(直前まで差し替えや変更を検討できる、という点では、のんびり準備させていただきました)

 

特に布施さんの新作(初演)「じょんがらトッカータ」は、演奏予定曲としてタイトルをうかがったときから楽しみにしていた一曲なのですが、午前のリハと午後の本番と、二度も聴けたのは役得。とても贅沢な体験でした。

演奏後の拍手が、曲の素晴らしさと面白さを物語っていたと思います。(また聴きたい!)

 

私はというと、前半は澁木さんのピアノで歌いたい曲、後半はこの会場で歌いたい曲、というざっくりした趣旨で選曲。

実のところ、プログラムから外そうかと前日になって悩むほど苦労した曲があったのですが、思いのほか評判がよかったので、ほっと胸を撫で下ろしてます。

はじめて演奏する曲は、声に合わないかな、とか、身の丈に合わないかな、とか、いろいろネガティブな方向に考えこむ癖があるのですが、そうして悩みこんだ先に「なんだかよさげな感触」に出会えると、自分自身がちょっと救われる気がします。

お客様からいただいた感想を参考に、今後のレパートリーに格上げできるように、じっくりコトコト温めていきたいと思います。

 

少し話がそれますが...

「声に合っているね」「いい曲だね」というご感想はもちろん嬉しいのですが、最近は「会場に合っているね」も嬉しいです。手放しで喜んじゃいます。

というのも、「私×共演者×会場」をイメージした選曲を考えているから。

この曲を演奏するならあのピアニストと。

この曲を演奏するならあの会場で。

このピアニストと演奏したい。

この会場で演奏したい。

こんなコンセプトでコンサートを企画したい。

いろいろ想像しながら、妄想しながら、その時その時の演奏に向き合っています。

その一端を感じとっていただけたなら、伝わったなら、とても嬉しいのです。

「私×共演者×会場」を踏まえつつ、今後も新しいレパートリーを広げていけたらと考えています。

 

終演後に、様々なご感想ご意見をいただきました。

また今後の活動や企画の参考にさせていただきます。

ありがとうございました。

 

f:id:chiharu-rosina:20191107120912j:plain

会場は、客席を自由にレイアウトできるホール。

西洋建築風の柱が印象的な建物ですが、実は椅子の並べ方に苦労します。

どの席からもピアノや出演者が見えるように、見切れないように、最大キャパを増やせるように試行錯誤しながらの準備でした。

 

f:id:chiharu-rosina:20191107121441j:plain

いつも調律をお願いしているWさん。

リハ中にピアノの不具合が見つかったのですが(古いピアノなのでいろいろあります)、ものの数分で原因を見つけて早業で直してくださいました。

本当に、感謝感謝感謝です。

 

f:id:chiharu-rosina:20191107121824j:plain

f:id:chiharu-rosina:20191107121927j:plain

プログラム(一部)

シューマン「献呈」

グリーグ「君を愛す」

R.シュトラウス「万霊節」

・アーン「ティンダリス」「クロリスに」

・髙田三郎「街頭の果物屋」「市の花屋」

ラフマニノフ「ヴォカリーズ」

山田耕筰「赤とんぼ」

 

 

chiharu-rosina.hatenadiary.com

 

chiharu-rosina.hatenadiary.com

 

秋といえば校内合唱コンクール

10/26(土)は、新潟市秋葉区にある新津第一中学校の合唱コンクールで審査をさせていただきました。

中学校の合唱コンクールといえば、秋の風物詩のような定番行事。毎年、あちこちの中学校からお声がけいただき、いつも当日を楽しみにしています。

新津第一中学校は、全校17クラス。

とても明るく活発な雰囲気が印象的でした。

自由曲たった1曲での審査は大変でしたが、どの学級の演奏も「自分たちの歌」として歌い込まれていて、演奏の工夫がそこここに感じられました。

なによりも、演奏後の休憩で自由曲のワンフレーズを口ずさんでいる生徒さんがたくさんいたことが嬉しかったですね。発表したから「ハイおしまい」ではなく、廊下を歩きながら自然に声が出てしまった、というその「自然さ」が素晴らしいなと思いました。

 

「歌と絵と花があふれる学校にしたい」

はるか昔ですが、ある先生が語られたこの言葉を思い出しました。

 

合唱コンクールでは、その学校の校歌やオリジナルソング(生徒会の歌や地域の歌など)を聴けるのも楽しみのひとつ。

開会式で聴いた校歌がなにやらお洒落な旋律で、声部が分かれる箇所もあって、聞き入ってしまいました。

いただいたプログラムに歌詞のみ掲載されていたので、体育館に掲示されていた額入り校歌をよく見ると...おお!團伊玖磨作曲!

私の母校もこの方ですが、疑ってしまうほどに曲調が違いました。こういう曲調の校歌も書かれるのね、と新鮮に感じました。

作曲された時期が離れてるのか、それとも地域性?を加味したのか…描かれた景色(山や川)が違えばおのずと曲調も変わるのでしょうが、それにしても、その違いに驚きました。

 

 

せっかくの長旅。帰りはあちこちの美味しいお店に寄り道。

 

まずはシフォンケーキの専門店。

hachibunnoichi.com

今年の春にオープンしたのだそう。

翌日になってもしっとりふわふわでした。

www.instagram.com

 

そして西蒲区のカフェでソフトクリーム。

この日はエスプレッソのソフトでした。

www.instagram.com

 

完売御礼:11/4布施美穂×中森千春クラシックデュオコンサート

 

chiharu-rosina.hatenadiary.com

 

公演日まであと2週間、というところで、こちらのコンサートは前売券が完売いたしました。

早くからチケットをご購入いただいた方や、ご家族・お友達に紹介してくださった方など、地域のたくさんの皆様に感謝いたします。

なお、前売券が完売ということで、当日券の販売はございません

 

当日は、会場周辺の駐車場が混み合うことが予想されます。高田本町商店街に隣接する駐車場には、商店街で買い物をするとサービス券が発行されるところもあります。

(詳しくはコチラ)

アクセス[駐車場案内] - 新潟県上越市・高田本町商店街ポータルサイト -[ホンチョウウェブ!]

商店街でランチを済ませてからコンサート、というハシゴもお勧めです。

出演情報:11/4布施美穂×中森千春クラシックデュオコンサート


f:id:chiharu-rosina:20191020024008j:image

 

布施美穂×中森千春クラシックデュオコンサート

2019年11月4日(月)

高田まちかど交流館 ホール(旧第四銀行高田支店)

ピアノ 布施美穂

メゾソプラノ 中森千春(ピアノ 澁木薫)

一般:1,500円/高校生以下500円

(当日各500円増し/小さなお子様の膝上鑑賞可)

 

前売券が完売いたしました。

当日券の販売は予定しておりません。

 

chiharu-mezzosoprano.hatenadiary.jp

 

当日は、布施美穂さんの自作曲も披露される予定です。

童謡「●●」を編曲したものや、民謡をモチーフにして作ったものや、...

と断片的に話をうかがっていますが、私自身とても楽しみにしている演奏です。

ご来場のお客様、どうぞお楽しみに!

 

chiharu-rosina.jimdo.com

10/6教室発表会を開催しました

2019年10月6日(日)

高田まちかど交流館ホール

 

上越市在住のピアニスト布施美穂さんが主宰するピアノ教室との合同で、発表会を開催しました。

レッスンに求めるものは生徒さんそれぞれ。

発表会への参加は自主性に任せて自由参加としていますが、今回は市内外から約半数の生徒さんが参加してくれました。

 

f:id:chiharu-rosina:20191011003856j:plain

 

数か月前から通い始めた生徒さんから、3年以上続けている生徒さんまで、経験はさまざま。

どの生徒さんも、普段のレッスンの成果をのびのびと披露できていたと思います。

また、今回はほかの教室の生徒さんにも聴いていただき、大勢の人の前で歌う貴重な経験でもありました。

 

会場は、ご家族やお友達でほぼ満員。

運営側としては、プログラムがぎりぎり足りてほっとしています。

 

f:id:chiharu-rosina:20191011003942j:plain

 

後日、発表会に参加した生徒さんから「歌のジャンルによって歌い方(発声や表現のしかた)がそれぞれ違って面白かった」という感想をいただきました。

今回、私の教室の生徒さんには「何でもいいから2曲」と条件をつけて選曲してもらいました。

結果、コンコーネ、日本歌曲(童謡を含む)、イタリア歌曲、バロックオペラ、生徒さんによって組み合わせがいろいろで多彩なプログラムとなりました。

年齢や歌唱経験による差がないわけではありませんが、作品の特徴を生徒さんそれぞれが感じとって、表現していた結果だと思います。

それを感じ取れた前述の生徒さんも、すばらしい感性をお持ちです(声楽ははじめたばかり)。

 

発表会の様子はこちらから。

chiharurosina.wixsite.com

9/16町内敬老会

上越市内のとある町内会敬老会にお招きいただき、今年も歌の講座を開かせていただきました。しかも夫婦で(笑)

会長さんのカウントによると、私たち(のどちらか、または両方)がうかがうのは今回で8回目になるそうです。ありがたいことです。

 

f:id:chiharu-rosina:20190918194901j:plain

 

講座のあとは皆さんと会食しながら、上越の話、歌の話、昔の学校の話、いろいろうかがうことができました。

「フォレスタ」にはまっている方から「推しメン」を教えてもらったり(笑)

国民学校時代に習った唱歌を歌ってもらったり。


実は、今開いてる抒情歌講座のルーツは、こちらの敬老会でもあるのです。

歌にまつわる生の経験に触れられる、貴重な時間でした。

 

普段から積極的に音楽を聴いたり歌ったりするわけじゃないけど、聴くのも歌うのも嫌いではない。

知り合いが出演するならコンサートを聴きに行こうかなと思うし、ケーブルテレビや市の広報で宣伝してるのを見れば、気になって出掛けてみようかなと思う。

というフットワーク軽めの方々がたくさん集まる町内。

それでいて、年齢をうかがえば、びっくり仰天するお歳の方々ばかり。

もとは教員宿舎団地ができたことで賑わいだした地域なのだそうです。

なんとなく、納得。


会食では、国民文化祭関連の催し物で盛り上がる一幕も。

知的好奇心というか文化的好奇心というか、そういうエネルギーにただただ敬服します。

9/15新潟県うたごえ合唱発表会in柏崎

www.instagram.com

 

三連休の中日、柏崎市産業文化会館にて「新潟県うたごえ合唱発表会in柏崎」が開催されました。

上越市で指導している合唱団「雪ん子」が毎年エントリーしているイベントで、県内各地から様々な演奏形態・演出の合唱団が参加しています。

 

このイベントの特徴は(といって毎回いろいろ紹介していますが)、3人の審査員(講評委員)の先生方が、それぞれに講評を話してくださるところにあります。

審査員が複数の場合、大抵のコンクールでは代表の1名がマイクを握ることが多い、と思います。ところがこちらでは、お一人お一人の先生方がたっぷりお話ししてくださるので、審査・評価のポイントについて、様々な視点をうかがうことができるのです。

とても勉強になります。

(ついでに、各団体に対する講評文が、「全団体分」の一覧表として各団体に届きます。これも、ほかのコンクールではなかなかないです。勉強になります)

 

この日の閉会式では、「歌う楽しさを客席に届けるには」「美しい歌とは」「歌の輪を広げるために」というテーマが印象的でした。

歌は「身体が楽器」であるがゆえに、歌っている最中はそのことを忘れてしまいがちです。歌のメッセージ性(伝える気持ち)が強ければ強いほど、「気持ち」で歌おうとしてしまい、技術的な部分が二の次になるおそれがあります。

それぞれの先生方の講評で、「技術」「テクニック」「的確な指導」などの言葉がたくさん飛び交っていました。

 

そして、団員数の減少、団体数の減少、そこから「歌の輪」をどのように広げていくか、というお話。

歌う仲間を増やすには、団の存在をアピールするには、とにかく「外に出る」にかぎります。

他団体のコンサートを聴きにでかけたり、地域イベントなどの公募合唱団に参加したり、または他ジャンルのサークルに参加してみるのもいいですよね。

 

ちょうど今は「芸術の秋」。

特にこれからの時期は、合唱団の定期演奏会シーズンでもあるし、国民文化祭関連の様々な音楽イベントも立て続けに開催されます。

練習の合間に、あちこちの宣伝チラシが配られたり、「○○のコンサートに行ってきた」と感想が飛び交ったり。

合唱団の練習で、そんな賑やかな空間が日常的に作れたらどんなに楽しいことでしょう。

 

 

さて、話は変わりますが、柏崎に来たなら必ず立ち寄る場所があります。

柏崎駅を背にして真っすぐ走ったところにある珈琲店

自家焙煎フェアトレードコーヒーなら…フレッシュコーヒーNo.1

お昼の空き時間にちょっと出かけて購入。

豆の種類が豊富で、いつもその日の気分で注文しています。

のんびりできるときは2階の喫茶店でまったりしたいのだけど…これがなかなかできなくて残念です。

この日はテイクアウトのアイスコーヒーで幸せな気分になりました。

www.instagram.com

 

 

産業文化会館の近くには、マフィンとスコーンのお店「ファリーヌ」があります。

こちらは今回初めてうかがいました。

※「柏崎 マフィン」で検索するとすぐにヒットします。

さすけとロイの焼菓子屋 @ファリーヌ

 

マフィンとスコーンの種類が豊富でかなり悩みました。

そして可愛かったのがネコのクッキー。ミケとトラと、2匹購入。

美味しゅうございました。

www.instagram.com