メゾソプラノ中森千春~うた日記~

ドイツ音楽と日本抒情歌が大好きな中森千春のつれづれ日記♪

「新潟県文化祭2020」公募動画

このたび「新潟県文化祭2020」に応募した動画が公開されました。

公式チャンネル「新潟ステージチャンネル 」にてご覧いただけます。

 

www.youtube.com

 

今回は、新潟県文化祭2020のテーマ「文化の丁字路~西と東が出会う新潟~」を意識して、上越市文化財である「ライオン像のある館」と「高田まちかど交流館」で演奏したものをまとめてみました。

どちらも、かつて銀行だった建物。

当時は陸路・海路の交流の場として、活気ある場所だったことと思います。

 

応募を検討していたとき、どこで何を歌おうか、どのように歌おうか、ものすごく悩んで考え込んでいました。

せっかくだから、コンサート等のステージ演出とは違う「動画らしさ」のようなものを生み出してみたい。

せっかくだから、「○○してみた」的なチャレンジものでも「定番どころ」でもない選曲・演出で、独自性を開拓してみたい。

そんなことを考えていたとき、直江津が登場する「安寿姫と厨子王丸」の逸話をもとにした歌曲のことを思い出し、この作品を主軸にしてひとつの動画を作ってみようと考えました。

共演は、いつもお世話になっているピアニスト丸田芙美子さん。前述の歌曲「すずめ追い」は、あまり歌われる機会のない作品のため、こうして動画作品に組み込むことができてよかったです。

 

f:id:chiharu-rosina:20201127234350j:plain

 

公式チャンネルでは、さまざまな「文化」を取り上げた動画が数多く公開されています。ぜひぜひ、たくさんご視聴ください。

 

f:id:chiharu-rosina:20201127234335j:plain

 

動画作品の最後には、舟見公園から臨む直江津の夕日。

私は自他共に認める雨女なので、収録予定日はもちろん雨だったわけですが...。

収録日前後の晴れ間をねらって、会場周辺の風景を撮影しました。

動画の中で使用した写真は、すべて私が撮影したものです(スマホですが)。

 

秋が深まるころの、何ともいえない色味の海。

夕暮れ時、茜色に染まる少し前の、いろんな色が混在した空。

この景色がなんとも美しくて、大好きです。

f:id:chiharu-rosina:20201127234436j:plain

 

新潟日報カルチャースクール講座のご案内

先日、今期最後のボイトレでした。(新潟日報カルチャースクール)
こんなに広い教室が使えてありがたいです。
 

f:id:chiharu-rosina:20201128000313j:plain

 
最近は、感染対策由来のお悩みを抱える方も増えてきました。
マスク越しに通る声(伝わりやすい声)を作りたい方や、合唱団の活動再開に向けた個人練習をみてほしい方など。ほかにも、お好きな楽譜を持ち込まれてマンツーマンの声楽レッスンをご希望される方もいらっしゃいます。
ヴォイストレーニングの個人レッスンでは、受講者さんの目的に応じて内容を決める、”カスタマイズ型”レッスンを大切にしています。
 
来期(12月~3月)の受講者さんを募集しています。
講中だったグループ講座「抒情歌をうたう」も再開します。
 
↓↓↓ 詳細はこちらのWEBサイトから ↓↓↓
※春からの休講が長かったため、先日のチラシでは新規講座の枠で紹介していただきました。
 

f:id:chiharu-rosina:20201127235608j:plain

f:id:chiharu-rosina:20201127235623j:plain

f:id:chiharu-rosina:20201127235641j:plain

 
教室では、各テーブルにアクリル板を設置し、受講者さん同士の間隔を広くとるなどの対策を行います。
「自粛期間」に新しいプログラムを検討していたので、私自身、今から楽しみにしています。
 
新潟日報カルチャースクール上越教室♪
第2・4(金)13:30~15:00
ヴォイストレーニング」※個人レッスン
第1・3(月)16:00~20:00
 
ボイトレ講座おひとり30分の個人レッスンとなります。
空き枠は教室に直接ご確認ください。
 
 

動画撮影

直江津の「ライオン像のある館(旧直江津銀行)」にて、演奏の様子を動画撮影しました。

 

f:id:chiharu-rosina:20201024123333j:plain

 

こちらは上越市文化財で、コンサートやギャラリーとして自由に利用できる建物です。

昔ながらの建材や調度品の中に近年の補修跡が混ざっていて、面白い味わいがあります。特に外壁のレンガは経年の差が顕著。

 

f:id:chiharu-rosina:20201024123407j:plain

 

f:id:chiharu-rosina:20201024123417j:plain


わんわん響くのでしばらく響かせどころを調整したうえで、何回かテイク。
何か地域ゆかりの作品をと思い、今回は「安寿と厨子王」の説話をもとにした歌曲(童謡)を演奏しました。

山田耕筰「すずめ追い」(北原白秋作詞)

 

ここ直江津は、母子それぞれが連れ去られた地とされていて、会場近くの神社には安寿と厨子王の供養塔があります。

コンサートとは違う形ですが、動画作品だからこその演出ができれば...とイメージは膨らむばかり。あまり懲りすぎず(笑)、さくさくっと編集...できるようにガンバリマス。

 

ということで、今回の動画は、別会場にて撮影した演奏(下記リンク)とあわせて、後日「新潟県文化祭2020」に提出予定です。

またお知らせします。

 

chiharu-rosina.hatenadiary.com

 

f:id:chiharu-rosina:20201024123511j:plain

 

f:id:chiharu-rosina:20201024123516j:plain

 

f:id:chiharu-rosina:20201024123521j:plain

 

www.city.joetsu.niigata.jp

 

浄興寺de縁日

先週、高田にある浄興寺さんで開かれたイベント「浄興寺de縁日」に出かけてみました。

浄興寺de縁日2020のご案内 | 浄興寺

 

もともとクラフト市が好きなので、こういうイベントは都合がつく限り出向くようにしています。出店されている方とお喋りしたり、あちこちから流れてくるおいしそうな匂いや音に包まれたり、そういう楽しくて穏やかな時間が大好き。私にとっては、心の栄養ドリンクです(笑)

とはいえ、今回は時節柄のんびりあちこち長居しすぎるのもどうかしら...と思い、SNSで出展者情報をチェックした上で、ぱぱっと一周して退散する計画にしました。

(結局チェック漏れの素敵なお店に出会うことで時間延長する羽目になるわけですが)

 

f:id:chiharu-rosina:20201022232933j:plain

初日に買ったイチバンは、こちらのぶたまん。

「食べませんか?」じゃなくて「連れて帰りませんか?」と勧められたものだから、なかなか食べられずしばらく眺めてしまいました。

 

f:id:chiharu-rosina:20201022232943j:plain

2日目のイチバンは、こちらのアヒルちゃん。

ぷっくりしたクチバシがとにかく可愛いのです。ラストワンでした。

 

次回の開催は、10/31(土)と11/1(日)。

実は11/1の古本市エリアに、「あかねこ屋」名義で出店予定です。

今抱えてるいくつかの案件が無事に片付いていますように...。


www.johkohji.com

久しぶりのコンサート

先日、柏崎市の小学校にお招きいただきまして、久しぶりにステージに立つことができました。

童謡やアニメソングから、ピアノ独奏を含めたクラシック曲まで、約1時間のプログラム。演奏者はステージの上で、そして客席との距離をいつも以上に確保しながらの会場設営でした。

PTA主催の親子向けコンサートで、時節柄非公開のイベントしたが、平日夜にも関わらずたくさんのお客様がいらしてて嬉しかったです。

 

こちらの学校の校長先生は、子どもの頃に所属していたジュニアコーラスでお世話になっていた先生。今回のコンサートは、私がいつも共演しているピアニストさんからのご縁でいただいたご依頼でしたが、人と人の不思議なつながりを感じてしまいます。

こういうとき、私はつい「世間は狭いですね。悪いことはできませんね(笑)」と言ってしまうのですが、共演のピアニストさんは「ご縁ですね」と私の言葉を包み込んで隠してくれます。言葉のチョイス...人格が出ます(汗)

 

新型感染症の対策により、人が集まるイベントはあちこちで中止または延期することが当たり前のようになってしまいました。

秋口からは、私が住む地域を含め、だんだんと音楽イベントが再開されています。それでも、地域や会場によっては歌唱を伴う演奏を自粛しているところもあると思います。

そんな中、この時期に歌唱演奏がメインとなるコンサートは、器楽演奏以上にさまざまな検討がなされたことと思います。大きな変更もなく当日を迎えられてほっとしましたが、これまで準備を進めてくださった学校関係者の皆さんのことを想うと、本当にありがたい限りです。

小学校の先生方をはじめ、PTA役員の皆様にも本当によくしていただいて、最初から最後まで楽しい時間を過ごすことができました。

ありがとうございました。

 

f:id:chiharu-rosina:20201022225729j:plain

 

実はこのコンサートの少し前、下見を兼ねて小学校に伺いました。

ちょうど下校時刻と被っていたため、ランドセルを背負って帰って行く子どもたちとたくさんすれ違いました。

「こんにちは」「さようなら」

知らないはずの(この人だあれ?状態ですヨ)私に向かって、にこやかに挨拶してくれたのがとても嬉しかったです。

すてきな学校だな、と思い、コンサート当日を迎えるのがなおさら楽しみになったのでした。

動画撮影

先日、某企画のための動画撮影会を開催しました。

もとはリサイタル開催を企画していたのですが、諸般の事情で中止。せっかく予約した会場を有効活用したい...公演はできなくても、何かしら形に残る活動をしたい...ということで、数か月前に方向転換した次第です。

いつもお世話になっている方々にご協力いただきまして、少数精鋭で実施。

会場を管理されている文化振興課の方々にも、事前打合せでいろいろ相談に乗っていただき、とても助かりました。

 

f:id:chiharu-rosina:20201002214738j:plain


感染症対策を兼ねて備品の移動は最小限に抑えつつ、会場の雰囲気を生かせるように。。。

無観客とはいえ、今年2回目、7か月ぶりの公式演奏。

すべての感覚が久しぶりで、ただただ嬉しい一日でした。

 

次にこの会場を使うときは、コンサートがいいな。

下半期は、新様式に慣れるための訓練期間になりそうです。

 

うたマスクその後

先日のブログで「うたマスク」をご紹介しました。 

chiharu-rosina.hatenadiary.com

 

今月(9月)も引き続き「大谷文具店」様にて販売していただけることになりました。

無地、チェック、ストライプ、花柄を各種取り揃えています。

明るめの色が品薄だったので、今日はレッスンの合間に補充納品してきました。

一般的な形の布マスク(立体型やプリーツ型)についても、ほかの作家さんの商品がたくさん並んでいます。

秋めいたデザインのマスクもあるかも!?

お近くの方はぜひお立ち寄りください。

 

さて。

団体注文などの上越地域の需要が落ち着いてきたので、最近はハンドメイドアプリ「Creema」への出品を始めました。

パッキング済みの商品だけ出品しているので品数少なめですが、その代わり【1枚から注文可能/即納】です。

新しい柄の追加出品は、7~10日おきに更新しています。興味のある方は、ちょくちょくチェックしていただけると嬉しいです。

www.creema.jp